知的好奇心を刺激する総合体験プログラム

モデルロケット打ち上げ

 JAXAの全国大会を目指して

KGCではモデルロケット(アルファ3という機体を使います)を打ち上げるというプログラムを行います。海外の教育玩具であるモデルロケットを組み立て、広場で打ち上げます。火薬を用いて上空80mまで打ち上げ、上空でパラシュートを開かせ、落下してくるロケットを回収します。JAXAで行われるに、オリジナルの機体を作って参加することを目標にしています。

①機体の組み立て

教室でロケットを組み立てます。上空高く飛ばすために、ミリ単位で正確にパーツを取り付けられるように注意を払います。また、パラシュートが火薬で燃えないように、不燃紙の取り扱いを学びます。

②発射準備

風向きをチェックして発射台に機体を取り付けます。打ち上げた地点に落ちてくるように向きを調整します。その後、点火プラグを接続します。点火プラグはスイッチを入れると電流が流れ、火薬を燃料としたエンジンに点火されます。


発射準備の様子

③打ち上げ

点火プラグを接続したら、みんなで発射前のカウントダウンを行います。点火プラグが上手に接続できていないと、発射ボタンを押しても打ち上げられません。ロケットの組み立てから打ち上げまで繊細な作業の連続です。完成後、上空高く打ち上げられた瞬間に生徒たちの喜びの声も上空高く舞い上がります。

モデルロケットの打ち上げには火薬を使用したエンジンを用います。火薬を取り扱える有資格者が責任をもって指導を行います。

理科実験教室

中学生になって好き嫌いがはっきりしてくる「理科」という教科。
実験を通して理科を好きになってもらいたいと思います。興味を持って接することができるようになれば、その教科に親しみを感じ、勉強をしやすくなります。また、理科の原理原則を体験を通して知ることにより、知識の定着がスムーズになります。

 これまで行ってきた実験教室

寒剤の勉強
氷と塩でアイスクリームを作ろう
電流の力
電流でパンを焼こう
凝固点って何?
温泉たまごと半熟たまごを作り分けよう
光の性質を知ろう
虹色グラスファイバーを作ろう
光の性質を知ろう
ピンホールカメラを作ろう
状態変化を学ぶ
ドライアイスを用いた実験

状態変化を学ぶ


ドライアイスを沸騰したポットに入れると…

状態変化を学ぶ実験ではドライアイスを使って、盛り上がりました。注射器を使って、ドライアイスを気化させる実験も行いました。

光の性質を知ろう


ペンライトと釣り糸で作りました

光の性質を学ぶために、釣り糸とペンライトを使って虹色のグラスファイバーを作りました。

夏休み社会科見学会

 学ぶ意欲を育てる機会として

「小学生にとって夏休みは特別な時間。普段とは違った体験を通して何かを感じてもらいたい。」

そんな思いから始まった夏の特別企画です。社会見学会では、塾の教室を飛び出し工場見学や体験学習に出かけます。

2015年度は明治ヨーグルト館へ

 これまでの見学会

2012年
読売新聞大阪本社見学
2013年
大和ハウス見学
耐震設計・擬似地震体験
松尾寺にて半日僧侶体験会
2014年
八尾市立環境センター見学
紙すき体験
2015年
明治ヨーグルト館見学
弥生文化博物館にて竪穴式住居の組み立て体験
2016年
津波高潮センターにて防災体験


池上曽根遺跡
池上曽根遺跡では小学生達で竪穴式住居の骨組みを組み立てる体験を行いました。